小さな地球・天売島から命を考える 寺沢孝毅さん(羽幌町・天売島)

留萌管内羽幌町の沖合に浮かぶ小さな地球•天売島。
国内唯一のオロロン鳥の繁殖地であり、海鳥と人間が共生する島である。
天売島を拠点に世界で活躍する自然写真家・寺沢孝毅さんは、この小さな島を地球にたとえ、自然と人間の共生について考える。

自然写真家・寺沢孝毅さんの眼差しは地球という命に向かう

自然写真家・寺沢孝毅さんの眼差しは地球という命に向かう

天売島内にある「海の宇宙館」で海鳥や自然について学んでから島内を散策するのがいい

天売島内にある「海の宇宙館」で海鳥や自然について学んでから島内を散策するのがいい

沢さんは教員をしていた父の転勤で、道北の和寒町で幼い頃暮らした。
「子供の頃、3月の雪原で青い鳥を見たんだよ。その鳥が僕の人生の方向性を決めたともいえるね」と静かに振り返る。
 幼いときに見た青い鳥がルリビタキと知ったのは思春期の頃。以来、野鳥に魅せられ、一眼レフのカメラを携えて 野鳥観察に熱中する少年時代を過ごした。
友人達を案内しては森の中で野鳥を撮影する日々。その後、大学へ進学し、父と同じ道を選び、教員となった。
 希望した赴任地は天売島。当時、オロロン鳥(ウミガラス)の減少はすでに問題視されていたが、その事実を伝える 情報量は充分とはいえなかった。
赴任した年、運良く報道機関がチャーターした船に同乗し、オロロン鳥の繁殖地でコロニーを確認したが、 その翌年、再度調査に訪れた寺沢さんの目に映ったのは、オロロン鳥が姿を消したコロニーだった。以来、断崖の繁殖地に通い、 定点観測を続けた。教員十五年目に、転勤で島を去ることが避けられない状況となったとき、職を辞しこの島で生きることを決めた。 最終的に地域を守るのは、そこに暮らす人であるとの持論を実行したのだ。

『小さな細胞、小さな地球』
寺沢さんは海という宇宙に浮かぶ天売島をこう呼ぶ。

の身体の細胞一つの病(や)みが命取りになることがある。
自然もそうだ。天売島の環境に及んでいる現実が、地球の未来を物語るともいえる。天売島という小さな地球を拠点に、 東南アジアのボルネオ島、北極の自然環境、そこで生きる動物達の姿を追う寺沢さん。ボルネオ島では、 経済活動の犠牲となっている野生生物を取材する。ロザリンダと名付けられた孤児のオランウータンを、 北極では雪と氷の世界で生きるホッキョクグマの今を追う。身近な自然や動植物への関心と愛情は、 いつの日か遠くで生きる生命にも確実に伝わると考えるから。
 「天売島は日本の端っこの島。しかし、この国のきれいな空気、新鮮な食材を常に下支えしているという誇りを持ち、 地球環境第一主義をこれからも貫く」

い日に見た青い鳥。  天売島へと導き、世界へ誘った青い鳥は、その羽を羽ばたかせ、今も寺沢さんの心の中を鮮やかに舞い続けている。

ウトウの帰巣風景は天売島観光の人気コースだ

ウトウの帰巣風景は天売島観光の人気コースだ

オロロン鳥 チドリ目ウミスズメ科に分類される海鳥。「オロロン」と鳴くことからオロロン鳥と呼ばれる。直立した姿はペンギンに似ている。漁網による混獲、天敵の増加、餌の減少などにより絶滅の危機にある

オロロン鳥 チドリ目ウミスズメ科に分類される海鳥。「オロロン」と鳴くことからオロロン鳥と呼ばれる。直立した姿はペンギンに似ている。漁網による混獲、天敵の増加、餌の減少などにより絶滅の危機にある

寺沢孝毅(てらさわたかき)さん プロフィール

昭和35年生まれ 天売島在住
自然写真家 海の宇宙館代表 公式ホームページ http://www.naturelive.jp/
有限責任事業組合 守りたい生命(いのち)プロジェクト代表