再生の海を信じて 相馬龍平さん(増毛町)

 留萌管内増毛(ましけ)町舎熊(しゃぐま)。胴付合羽を身につけ、腰の辺りまで海中につかり、水中カメラで藻場(海藻が生い茂る渚)の状況を確かめる人がいる。「いい昆布だべ」。笑顔で語るのは相馬龍平さん、ニシン取りの末裔だ。褐色の昆布が繁る浜には人々の想いが込められている。

藻場の再生を信じる相馬龍平さん。

藻場の再生を信じる相馬龍平さん。

場再生へ
 明治初期、相馬龍平さんの高祖父母は青森県川内村から増毛町阿分の鰊場にやってきた。当時、同郷の人々は相馬家を頼りに鰊場に草鞋を脱いだという。
 戦後、祖父の代には、町の漁業者らと共同出資で増毛海洋漁業株式会社を立ち上げ、経営の幅を広げた。この会社で働くことを決めた相馬さんは、30歳のときに妻子を連れて東京からUターン。平成5年、水産物を加工する際の残渣(ざんさ)を微生物で分解する研究と、その装置の試験運用に携わる。増毛水産加工組合青年部の仲間と、高品質の肥料である醗酵魚粉(魚カス)を開発したが、その活用の目途が立たず、模索の日々を過ごしていた。
 平成10年、増毛漁協と北海道大学の共同研究による「いそ焼け」対策に参加する機会を得た。藻場(海藻の群落地帯)の再生に相馬さんらが開発した肥料を活用できるという専門家の見解は、相馬さんと仲間達に勇気を与えることとなった。

藻場再生プロジェクトで撮影した舎熊海岸の海中。

藻場再生プロジェクトで撮影した舎熊海岸の海中。

いそ焼けとは沿岸の海藻が死滅した結果、ウニなどの水棲生物が減少する環境問題であり、漁業者にとっては死活問題である。その原因といわれているのが、【食害説】と【栄養欠乏説】などがある。現在、増毛町では。栄養欠乏説に基づき醗酵魚粉と、製鋼スラグ(※)を混ぜた肥料を海底に沈め、栄養分を補給する方法で海の再生に取り組んでいる。

浜に打ち上げられた磯やけ状態の石。白くなった石(白化)にはコンブや海藻類は育たない。磯やけを象徴する石だ。

浜に打ち上げられた磯やけ状態の石。白くなった石(白化)にはコンブや海藻類は育たない。磯やけを象徴する石だ。

施肥を行った舎熊海岸には見事なコンブが成長している。

施肥を行った舎熊海岸には見事なコンブが成長している。

とりの末裔として
 「たいそうなことでなく、鰊とりの、なれの果て」とユーモアを交えながらも、鰊とりの末裔のひとりとして、最後のご奉公として藻場再生に取り組むと語る相馬さん。
 藻場は命が巡る海の森。小魚や鰊が海藻に卵を産み落とし棲み家とする。やがて成長し、大海を旅して故郷の藻場に戻り、新たな命を繋いでゆく。この浜辺で生き抜いた先人達がそうであるように。

長い取り組みの末、再生した舎熊海岸の藻場。身の厚いコングが生い茂る。

長い取り組みの末、再生した舎熊海岸の藻場。身の厚いコングが生い茂る。

■増毛町の藻場再生プロジェクトの取り組みを紹介するサイト
http://moba.ws/

■藻場再生プロジェクトを体験できるサイト
るもい体験ナビ  http://rumoifan.net/taiken/
(教育旅行、個人でも体験できる)

※製鋼スラグ…鉄鋼製造工程で発生する副産物

プロフィール  相馬 龍平(そうま たっぺい)さん

昭和27年生まれ 増毛町在住
(株)北海道オーシャングリーン開発
増毛事業所 所長