関 一彦さん 銀鱗の記憶を刻む番屋で暮らす(礼受町)

 留萌市と増毛町の境に礼受(れうけ)町地区がある。
 ここには、この沿岸の地区同様にニシン漁でにぎわった暮らしがあった。
 多くの番屋が立ち並び、ニシン漁で浜は活気を帯びていた。
 しかしニシン漁の衰退とともに、番屋はひとつひとつ姿を消し、今、現存する人が住む番屋として残ったのが、関番屋だ。
 関番屋は、博物館でも資料館でもない。今も人が住む鰊番屋であり、明治に建てられた番屋を守り暮らしているのが関一彦さんだ。

前浜に面した客間から沖を見つめながら、インタビューに応える関さん。

前浜に面した客間から沖を見つめながら、インタビューに応える関さん。


 関さんは鰊建網漁を営む関家四代目として生まれた。関家のルーツは青森県。新天地を求めて北海道に渡り留萌村三泊に居を定めたのは明治18年頃のことだ。夏は磯まわりや刺網漁、冬は造材で生計を立てた。関家は苦労の末に明治35年頃、礼受村に念願の鰊建網漁業の権利を買い親方となった。当時の留萌o増毛は千石場所と呼ばれ、道内の鰊漁獲高の常に1割以上を揚げる好漁場であった。関さんの記憶に残るのは昭和26年から28年にかけての光景だ。関さんは当時20代。子供の頃から鰊漁で賑わう浜を見て育ったが、この数年間が鰊漁場の最後の賑わいだったという。

場の活気
 鰊場は「若い者」と呼ばれる雇いの漁夫を募ることから始まる。年末から正月にかけて、親方は東北を中心にまわり腕の良い船頭や雇い人を確保する。関家では、上(かみ)網と下(しも)網の2ヶ統で漁をしていたため、60人もの若い者が必要だったのだ。冬の間は、親方一家総出で若い者を迎える準備をする。米、味噌、漬物を60人もの男達にたらふく食べさせるため食料の確保にも奔走した。

客間の隣、仏壇の前の囲炉裏。かつてこの囲炉裏を関さんはもちろん、関魚場の親方家族が囲んだ。

客間の隣、仏壇の前の囲炉裏。かつてこの囲炉裏を関さんはもちろん、関魚場の親方家族が囲んだ。

 菅井さんは、秋鮭漁の時期になると何人もの【若い衆】と呼ばれる漁師達を雇い入れる。秋鮭漁の期間は、若い衆達と番屋で寝食を共にする生活だ。一日中、鮭と向き合うといってもいい。
 早朝に漁に出かけ、何百、何千もの鮭を水揚げする。港に戻れば、鮭の選別作業が待っている。鮭の腹を裂かずにオスとメスを見分けなければならない。メスにはイクラ(卵)が入っているから、オスとメスでは市場で買い上げる値段が違うのだ。
正確に見分けるには熟練の厳しい目が必要だ。菅井さんは目で見分けるだけでなく、その指先でも見分けることができる。指先に伝わる鮭の腹の張り具合を見極めるたけ、ゴム手をつけずに素手で作業にあたる。

船頭から炊事役までの漁や番屋での役割が書かれた札役職によって支払われる歩合が変わる。

船頭から炊事役までの漁や番屋での役割が書かれた札役職によって支払われる歩合が変わる。

 3月に入ると、船頭や若い者、炊事の女達がやってくる。いよいよ建網の準備が始まり、浜は活気づく。鰊漁は5月、八十八夜までが勝負。沖合では網をおこす「おこし船」と鰊を入れる枠網を吊るした「枠船」、そして陸との連絡用の「磯船」で船頭の指揮により、漁が行われる。若い者は飯を喰うのも、番屋の土間で立って食べたほど忙しい日々だったという。
 もし、もう一度群来(くき)たらうれしいですか?
 しばらく考えて関さんはこう言った。「心穏やかでは居られないべな」。鰊漁の隆盛を知る番屋で今も暮らす関さんにとっては、鰊は特別な存在なのだ。

ヨースコイ、ヨースコイ
 関さんには、今も銀鱗の波間へと漕ぎ出して行く船の姿が見えているのかもしれない。

雪に閉ざされる冬。かつては春になればニシンが来るという期待、そしてニシン漁の準備で忙しかったに違いない。今は静かな暮らし、風が吹く音が番屋の中に吹き込む。

雪に閉ざされる冬。かつては春になればニシンが来るという期待、そしてニシン漁の準備で忙しかったに違いない。今は静かな暮らし、風が吹く音が番屋の中に吹き込む。

※群来(くき)…産卵のためにニシンが大群でやって来ること

プロフィール  関 一彦(せき かずひこ)さん

昭和6年生まれ
留萌市礼受町在住
関家四代目