甦る道、増毛山道に夢託す 小杉忠利さん(留萌市)

江戸時代後期の測量学者、伊能忠敬は50代から日本沿岸を実測、忠敬の没年に生まれた松浦武四郎は蝦夷地探査に力を尽くし、 北海道の名付け親ともなった。その松浦武四郎が増毛山道の完成まもない安政4年、増毛山道を通行し、 「蝦夷地第一の出来映え」と誉めたたえた増毛山道は、いつしか廃れ、草木に埋もれた幻の道となった。

NPO法人増毛山道の会・理事 小杉忠利さんは、この道を現代に甦らせ、もう一度人々の足跡を刻む日を夢見ている

幻の道、復元に力を尽くす小杉忠利さん

幻の道、復元に力を尽くす小杉忠利さん

和15年、留萌生まれの小杉忠利さんは留萌高校を卒業後、進学のため上京。 大学では山岳部に所属し北アルプスや南アルプスの名だたる山に挑戦した。 疲れきった身体で山から下宿に戻ってややもすると、またすぐに山が恋しくなる、そんな学生生活を送った。 「山の魅力は仲間」と語る小杉さん。初めての登山は高校時代に友と登った暑寒別岳だった。 この時の楽しかった思い出が次々に山へ挑ませたと青春時代を振り返る。卒業後は大手建設会社に就職し、 高度経済成長期を昼夜を分かたず、がむしゃらに働き続けた。脱サラし、測量士の資格を活かして昭和50年に故郷、留萌で会社を興した。
 独立してから30年が経った平成17年、小杉さんに転機が訪れた。
伊能忠敬の大日本大図展を留萌で開催するという計画が持ち上がったのだ。 このとき資料を準備していた小杉さんは、増毛山道の存在を知ることとなった。

から約150年前ほど前、増毛の漁場を請け負っていた商人、伊達林右衛門(だてりんえもん)が 私財を投じて開鑿(かいさく)したのが、増毛山道だ。増毛と浜益(現在の石狩市浜益区)を結んだ山道は、 高さ1,000メートルを超える急な道で事故が起きたり、船で行く人がおおくなったりと、自然に山道は利用されなくなっていった。
 かつて人々が命をかけて開鑿したであろう増毛山道の全容を明らかにしたい。 伊達家直系である伊達東(あずま)さん(NPO法人増毛山道の会会長)の呼びかけに、賛同した小杉さんら山男達の夢は膨らんだ。

増毛山道鳥瞰図

増毛山道鳥瞰図

社の測量技術をもって、この道の全容を明らかにすれば、地域に貢献できるのではないか。 小杉さんの決断は早く、ルート上の航空写真を撮影し、その連続写真を元に、人工衛星によるGPSで正確な位置を座標で管理することに成功した。 平成20年に増毛山道の会設立、地権者である北海道が所有する土地や林地の笹を刈り、別苅〜岩尾間16kmの復元作業を成した。 これからは増毛山道の利活用について官民一体となって夢を紡いでいく。

「増 毛山道が整備されれば新たな観光資源、登山ルートが生まれる。蝦夷地の歴史、 象徴としての道を子供達が先人の生活を想像しながら歩けたらどんなに良いことだろう」小杉さんの夢だ。
 2011年7月16日。増毛山道体験トレッキングが開催された。多くの人々の夢は更に広がってゆく。

2010年10月に開催された増毛山道を歩く会にて。かつて、重い荷物を背負い、多くの人が行き来したであろう古道に、現代の人々が足跡を残す。

2010年10月に開催された増毛山道を歩く会にて。かつて、重い荷物を背負い、多くの人が行き来したであろう古道に、現代の人々が足跡を残す。

かつて人の営みがあったことを示す、電話線と電信柱。倒壊したものを含めると数十本の電信柱が残っているという。

かつて人の営みがあったことを示す、電話線と電信柱。倒壊したものを含めると数十本の電信柱が残っているという。

プロフィール  小杉忠利(こすぎただとし)さん

昭和15年生まれ 留萌市在住
小杉測量設計株式会社 代表取締役
NPO法人 増毛山道の会 理事

NPO法人増毛山道の会

留萌市錦町3丁目 電話:0164−56−0003
http://www.kosugi-sp.jp/sando/top.html (現在会員募集中)

北海道留萌管内体験観光サイト

るもい体験ナビ http://rumoifan.net/taiken/p_02/33ma_mtpath.html
 (増毛山道体験トレッキングプログラム)